薄毛になりたくなければ睡眠をとるべき?

薄毛になりたくなければ睡眠をとるべき?

薄毛に睡眠が影響している場合があるため、早寝早起きで薄毛が改善することも期待できます。

早寝早起きが薄毛予防につながる理由には、ストレス軽減と成長ホルモンの分泌促進が考えられます。ストレス軽減については、早寝早起きで睡眠をとることは、交感神経と副交感神経のバランスがとれて精神的に整い、ストレス軽減につながります。

ストレスが薄毛に影響するのは、ストレスが溜まることで血流が悪くない、育毛するための栄養が髪の毛に届かなくなることで抜け毛が増えることにつながります。ストレスを軽減することで髪の毛まで栄養が届けられるようになります。

成長ホルモンが一番分泌されるのは22時から翌2時の間です。この時間に睡眠をとっていると髪の毛の成長に欠かすことができない毛母細胞など細胞が活発になり健康的な髪の毛を作りだすことができます。

薄毛になりたくなければシャンプーを変えるべき?

薄毛になりたくなければシャンプーを変えるべき?

薄毛になりたくなかれば、利用しているシャンプーを変えるべきです。何故かというと、シャンプーには頭皮に対して強い刺激を持っている界面活性剤が存在するからです。

薄毛は、シャンプーに含まれている界面活性剤の成分を考慮すれば大部分で改善できます。実際に、薄毛の改善に役立つと考えられている育毛シャンプーなどには、一般的なシャンプーに利用されている界面活性剤は含まれていません。

頭皮に良いと考えられている成分は、天然由来の成分などで作られている刺激の小さいものであるため、育毛剤などに特にそうした成分が含まれています。アミノ酸系の界面活性剤はその典型で、育毛剤にアミノ酸が配合されていることが多いのはこのためです。

薄毛になりたくなければ食生活を変えるべき?

薄毛になりたくなければ食生活を変えるべき?

薄毛にならないためにも予防は必要不可欠なのですが、もしなりたくないのなら食生活を変えるようにしましょう。薄毛は男性ホルモンだけが原因としているわけではなく、食事も大きく関係しています。

髪の毛を育てるためには栄養が必要で、十分に摂取できていなければ健康的な髪の毛にすることができません。食生活が乱れている人ほど薄毛になる可能性は高まりますので、できる限り食生活改善をしてください。

もし、何をどのようにして改善していけばわからないのなら、まずはバランスを考えるようにしてください。肉中心にするのではなく、野菜も一緒に食べたり、食事量も適用にするだけでも変わります。

食事が乱れれば髪の毛も乱れますので、健康な食事をして髪の毛も健康にしましょう。